top of page

始まりは一匹の
老犬が立ち上がったことから

「寝たきりの老犬がニッピのヒト用コラーゲンを食べて立ち上がった。」
その知らせを聞いた私たちは一匹でも多くのワンちゃんに幸せになってほしいとの願いから
商品開発をスタートさせました。
あれから5年。ついに犬用健康補助食品「あしたも走ろっ。」が完成致しました。

新発見!ドッグフードでは不足しがちだった
本当は大切な栄養素“非必須アミノ酸”の栄養補給

動物のからだを作っている様々なタンパク質は約20種類のアミノ酸の組み合わせからできていて、大きく次の二つに分類されます。

必須アミノ酸・・・からだの中で合成できないアミノ酸。食事での摂取が必要。
非必須アミノ酸・・・からだの中で合成できるアミノ酸。食事での摂取は不要??

からだの中で作ることができない必須アミノ酸は食事で摂取しなければいけないことは多くの方がご存知かと思います。一方、からだの中で作ることができる非必須アミノ酸は、その名前から摂取しなくてもいいと思われがちですが、それは大間違いです。例えば野生の動物は何日も獲物を捕らえることができない時でも、生命維持に不可欠な本当に大事なアミノ酸だけは、からだの中で作ることができるように進化してきたのです。それが非必須アミノ酸なのです。現在のドッグフードの栄養基準には必須アミノ酸の配合基準はありますが、非必須アミノ酸の基準はありません。
そこで、まず犬にとって理想的な非必須アミノ酸量とはどんなものなのかを考えました。動物のからだは長い年月の食生活から作られているので、昔からの食生活に含まれるタンパク質のアミノ酸を基に考えました。犬の先祖はオオカミです。オオカミは肉食で動物を丸ごと食べていました。そこでマウス丸ごと一匹分のアミノ酸を調べ、それを犬にとって理想的な非必須アミノ酸量と仮定しました。そして、その量がドッグフードに含まれているか店頭で購入できる7社のドッグフードを調べたところ、次のグラフの通り生命維持に不可欠な非必須アミノ酸が不足しがちであることがわかりました。
コラーゲンは成分の75%以上が非必須アミノ酸です。その不足分を「あしたも走ろっ。」で効果的に補給することができます。

ニッピ 【犬用】あしたも走ろっ。

¥2,640価格
在庫残り3点
  • コラーゲンペプチド(牛由来)

関連商品